窓のエコリフォーム、今がチャンスです!!

熱の出入りを軽減するなら、ガラス選びがポイントです。

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、
窓やドアの開口部を通るものは7割以上になります。

冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策が重要です。
冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策が重要です
 太陽の直射熱(日射熱)の多くは、窓面を突き抜けて、室内に侵入します。日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」、または「日射遮蔽」といいます。遮熱性能が高いほど、この日射熱の侵入を少なくできます。  熱は、温度の高い方から低い方へ移動する性質があり、この移動する熱を少なくすることを「断熱」といいます。室内外の温度差により、熱が窓や壁を通り抜けて移動することを「熱が貫流する」といい、断熱性能が高いほど、この熱の貫流が小さくなります。

次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。
中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。

遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます

特殊金属膜効果で、室内の明るさはそのままに、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。

結露はカーテンや窓枠を濡らすだけでなく、カビやダニの発生の原因になります。室内条件が同じで、単板ガラスとLow-E複層ガラスを比較した場合、湿度60%では単板ガラスは外気温8℃で結露が発生しますが、Low-E複層ガラスは-20℃近くにならないと結露しません
Low-E 複層ガラスのポイント


Low-E 複層ガラスのさらに詳しい情報はWEBカタログをご覧ください。

窓からはじめる快適生活。(XR8400)
複層ガラスシリーズ(SF4200)


施主支給の施工をお考えのお客様へ。

 リフォーム会社や工務店さまには、施主本人がトステム インプラス等の建築資材を手配することを説明し了解を得てください。工事会社が行う工事の範囲や、取り付け後に不具合が生じた場合の責任の所在、また事前に納まり寸法等のご確認を願います。
施主支給 - よくある質問

お問い合わせ
あらかじめネットに接続された上でご連絡を願います。  お電話で
あらかじめネットに接続された上でご連絡を願います。
未接続のお客様には、ご質問に十分にお応えできないケースもありますので、よろしくお願いします。
AM10:00~PM00:00-PM02:00~PM17:00
土日祝祭日は除きます。

TEL:0766-73-6336
 faxで質問をする。  FAXで
FAX:0766-27-1233
 フォームメールで問い合わせをする。  フォームメールで
こちらからアクセスしてください。
ai@kaze.asia
会員登録は、こちら  ・通信販売(限定)です。
会員様特別価格は、会員登録(無料)のお客様に限り有効。
会員登録

窓ネットあいの風の会員登録 防音・断熱・結露騒音対策窓の購入までの流れ。 断熱・防音窓のお見積りの申し込み窓口 防音・断熱内窓のお見積り申込み エコ内窓 プラマードU - YKK APの窓口 防音・断熱内窓のお見積り申込み窓口